FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
咲いた咲いた! 
わが家のシンボルツリーであるヤマボウシ。
自然樹形が美しく、花が咲いて、実がなって、紅葉が楽しめて・・・というのが特徴なのだけど、
これまで花は一度も咲かず、もちろん実は成らなかった。
やはり一本じゃ無理なのかとあきらめていた今年、ついに花が咲きました!!
たった10輪ほどではあるけど、とても清楚な白さが庭を明るくしてくれています。
決して華やかではないけれど、そんなところが私は好き。
画像 012

今月はじめに種まきしたバジル、オクラ、あさがおが芽を出して、順調に育ってる。
もう少し生長したら植え替えよう。
野菜苗・・・うまくいけば幼稚園バザーにも間に合うかも?
画像 003画像 005
画像 006

こちらは直播き。インゲンと枝豆。
画像 007 画像 008

手前からピーマン、ミニトマト、きゅうり。
苗を買ってきて植えたものです。
きゅうりは今年が初めての挑戦なのでどうなるか特に楽しみ!!
画像 010

今年は家庭菜園もどうなんだろう・・・と少しだけ悩んだのは事実。
だけど今もしやらなかったら、2011年の夏の楽しみが減ってしまうし、
そうやって避けることで、心のもやもやがさらに大きくなりそうだと思い、
例年どおり、わが家産野菜の収穫を目指すことにしました。
美味しく食べられる日が楽しみだー。
スポンサーサイト
ハグ 
思えば2、3週間前からその前兆はあったのだけど、今週に入ってユウナのトイレの回数が増えた。
明け方に3回トイレに行ったことがあったり、昼間は30分持つか持たないかだし、
お風呂でも必ず途中でトイレに行きたがる。
幼稚園でもたびたびトイレに行っているみたいで、お弁当の時間や体操教室の時間も我慢が出来なくなり駆け込んだらしい。
行きの園バスは乗車時間が40分と長めのため私も心配で、一番最後のバス停まで送り届けたり、幼稚園に送ったりしてました。

膀胱炎かと思って小児科で検査をしたところ、、、異常なし。
要するに、気持ちの問題とのこと。
幼稚園の先生と電話で話をしたけど、ここ最近は笑顔いっぱいで楽しんでいて、お友達関係も良さそうで、心配する要因は見つからないらしい。
よく分からないし、その要因を探し出したところでそれが解決策になるかは不明だけど、
地震にクラス替えに・・・感じやすい子なので、色々な不安が積み重なってしまったのかなとも思う。

小児科の先生からの指示は「ハグを1日5回すること」でした。
これを毎日続けて、1週間で頻尿がなおる場合もある、と。
確かに、私とユウナは毎日色々な話をするからその点はお互い通じているつもりだけど、「ハグ」はほぼない。
先生に言われて「え?」と思ったけど、ためしにやってみることにした。
しかし・・・朝幼稚園に送りだす時やってみたらユウナに「なんで?一緒に外に行くでしょ。」と言われるし、
寝る前にやってみたら「よけいに暑くなるよー」と言われるし。
私のタイミングが悪いのかうまくいかず。。。
慣れないことで、どうもぎこちないのかな(笑)

ユウナの様子。今日あたりはいくらか良くなってきたような気もする。
これまで特に大きな問題なく、順調に育ってくれただけに、実はとても心配です。
だけどこちらもあまり意識しすぎないで大らかに接していきたいと思う。
私が焦れば焦るほど大失敗しそうなので。
ぼくが主役! 
タクミは体は大きいけど、まだまだ甘えん坊なちびっ子。
今までは常にママやお姉ちゃんの用事にくっついていくだけで、
思えば、ぼくが主役の用事といえば病院くらいだった(笑)
大げさではなく、本当にそうだった。
第一子の子育てと、それ以降の子育ての大きな違いがそれなのかもしれない。

来年の春からはお姉ちゃんと一緒に幼稚園に行く予定だし、
いい加減もう赤ちゃん扱いではよろしくないし、
今年度は幼稚園の未就園児クラスと、育児サークルの英語&体操に申し込みました。

そして今週は幼稚園の1回目、体操の1回目がありました!
予想はしていたんだけど、タクミは「ママだっこー、ママだっこー」を連発。
幼稚園の先生に話しかけられては涙ぐむし、周りに圧倒されて「たっくんやらない。」ときっぱり言う。
もちろん、時々食いついてやるものもあるのだが。ほぼ抱っこ。
同じ2歳児でも先生と同じ動きをどんどんやってみたり、時にはママから離れてる子たちもたくさんいる。
そんな中、体は大きいうちの息子は・・・(笑)
でもまぁ、こういう場は初めてだし、甘えん坊の恥ずかしがりにしてはこれが精一杯、良くやった!という印象でした。

その翌日、「昨日の幼稚園、どうだった?」と聞いてみたところ、「楽しかった~♪」という意外な答えが!
しかもその場ではやらなかった体操を家では得意げにやり、歌を口ずさんだりもする。
少しずつ慣れていけば、いくらか進歩はあるかも!?と期待がもてるのかもしれない。
幼稚園に入るまであと1年。
ユウナの時と違って出来ないことがまだまだたくさんあるし、
甘えん坊で抱っこばかりだし、何しろマイペースで言い出したらきかないし(泣)
だけど、1年かけて少しでも前進できる姿が見られたら母は嬉しいです。
一緒にがんばろう。
上履き 
201105040934000.jpg

娘の新しい上履きです!!
いつもは当然のように一番安いのを買っていたんだけど、ちょっと奮発して通気性の良いものにしてみた。
幼稚園で上履きを履く時間、結構長いのよね。
思えば、私自身も上履きの締め付けが嫌いだったし、少しでも快適に過ごせるようにと。
お花のボタンを縫いつけ、ゴムにステッチを施してみました。
本人はキャラクターの上履きを欲しがってて、その希望を叶えてあげられなかったお詫び。
しかし、彼女が本当に気に入ってくれたかどうかは不明です(笑)
「ごめんなさい」 
夕飯の支度がひと通りすんで、やれやれというその時。
「たっくん おてつだいしたいよーー」と、また彼はやってきた。
近頃は一度言い出すとなかなか納得しない息子。
「今日はお手伝いないから大丈夫!ありがとう。」とか適当にかわし、
その後にユウナとちょっと話をしていた時、
ガッチャーン!!
タクミの足元に、マカロニサラダが入っていたボウルが落下。
自分の身長より高いカウンターに手を出して、重さを支えきれずに落としてしまった・・・

タクミは足の親指に一箇所の切り傷で済んだものの、今までにないことにびっくりしているし、
ママにはひどく叱られるし。
目に涙を浮かべ、への字口をピクピクさせながら、静かに座ってました。
そして私に言ったこと。
小さな声で「ごめんなさい・・・」
これまで何か悪いことをしたときには私の方からそう言わせていたし、
近頃は謝れば済むと思うようになったのか、ヘラヘラしながら言うことが多くて嫌な感じがしていた。
だけど、今日の「ごめんなさい」は違っていて、すごく気持ちが入っていると感じられた。
心のこもった、精一杯の「ごめんなさい」だった。
この子はまだまだ赤ちゃんだと思っていた(思いたかった)けど、
気づけば色んな事を考えられるようになり、感情を抱けるようになったと成長を感じた出来事でした。
(子供たちの好きなおかずが消えてしまったのは残念だったけど。)

そうそう。傷の手当てをしてから私はキッチンで片付けをしていたのだけど、
タクミはソファに座ったまま静かに眠ってしまいました。
甘えん坊が一人で寝てしまうなんて、普段こんなことはありえないんだけど、
失敗したことがすごくショックだったのかな。疲れたのかな。
201105031712001.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。