FC2ブログ
3歳児の本音 
ユウナの幼稚園、毎日頑張ってます!
先週1週間は午前保育。
(といっても遅バスはおにぎり持参で1時半帰宅。)
そして今週からいよいよ一日保育の本格始動です。
朝9時に自宅前からバスに乗り、50分乗車して幼稚園に到着。
お昼は持参したお弁当をみんなで食べる。
帰りは10分バスに乗車して3時半に帰宅。
実際、6時間半も家を留守にしていることになる。
ユウナは行きたくないと泣くことは、まず、ない。
ただ、幼稚園ではちょっとした事で悲しくなって泣くらしい。(本人談)
ハンカチをなくした。リュックが見つからない。トイレが流れなかった。転んですりむいた。など。
だけど、色々報告してくれるので全く心配ないだろう、と思っていた。
行き帰りのバスでの話や、園でこんなことやったよーという話、お友達の名前。
それから、幼稚園のHPで写真を毎日何十枚も公開してくれるので、様子がよく分かる。

ユウナはもともと夜ベッドに入ってからなかなか寝ないタイプ。
この環境激変で疲れている時でも最低30分はかかる。
色々考え事をしているらしく、寝たと思ったらまた話し出すことがある。
今夜はまさにそれだった。

「ゆうなちゃん、おうちであそぶのが好きなんだ。
 ほんとうはママとすくすくに行くのがいいんだ。」

(すくすく:入園前に参加した幼稚園の未就園児クラス)

妙に落ち着いた優しい口調で言うもんだから、ドキっとした。
そしてそのあとすぐに眠りについた。。。
「行きたくない」とストレートに言わず、遠まわしなところがユウナらしい。

何というか・・・
私が思っていた以上に、ものすごく頑張っているんだろうな。
だけど、何としても毎日行かなければならない、というのも3歳ながらちゃんと分かっている。
今日も泣いたというから、夕飯の時に「泣いてばっかりで恥ずかしいよーー!」と
軽く言ってしまったことを深く反省。
お風呂入る時に急かしたり、夕飯は時間をかけてしっかり食べさせたり・・・
もっとユウナの気持ちを察してあげて、大らかにならなければ。

木曜日、金曜日、あと二日幼稚園に行ったら週末。
家の庭で遊んだり、公園でお弁当を食べたりしたいそうだ。
すごくささやかな希望のようだけど、ユウナにとっては小さなことじゃないんだろうな。
スポンサーサイト



入園式☆ 
とうとう、この日がやってきました。
昨夜は無性にさびしくなっていたんだけど、
それでも、娘と私たち家族にとって記念すべき入園の日!
元気に行ってきました。

幼稚園に着いて、まずは個人的な写真撮影を少々。
お天気も良くなってきたし、桜が見ごろでまさに入園式日和り。

園舎に入ると先生方が元気に迎えてくれました。
教室の前にはクラスごとに名前が張り出されていて、ユウナの名前をすぐに発見。
ゆり組さんになりました!
教室に荷物を置き、すぐにホールに移動。
子供とお母さんは並んですわり、お父さんや兄弟は後方へ。

入園式ではまず園長先生からのお言葉があり、職員の紹介&担任発表。
そして次は主役である子供達の出番!!!
60名ほどが一人ずつ名前を呼ばれ、返事をして前へ。
先生の「○○ちゃん、おめでとうございます!」という言葉と共にメダルをもらい、
次に子供にマイクを向けられる。
ユウナは最後の方だったので待ち時間が長く、ものすごくかたい表情になっていた。
慣れない椅子とスカートで落ち着かないせいもあったのかな。
しかし、ちゃんとできましたよ!!!
緊張しながら頑張りました。
入園式の最後は先生の楽しい人形劇。
気持ちが和んだところで閉式です。

次にお外で写真撮影。
ユウナが「お外で遊びたい・・・」とか言い出し、私は困惑。。。
しかしどうにか我慢してくれてホッとした。
グランドに椅子を並べ、桜の木の下で集合写真を撮りました。
(親の立場でいることが、、、なんだか不思議。)

教室に戻り、子供達はアンパンマンの紙芝居。
その間、親は先生のお話を聞く。
来週からの予定、園の決まりなどなど。
予想はしていたので驚きはしないけど、結構細かい支持がある幼稚園です(笑)
だけどあまり抵抗は感じないのは、悩んで選んだ幼稚園の方針、だからでしょうね。

解散。そしてサヨウナラ・・・のはずでしたが。
「お外で遊びたい」と言うので、じゃあちょっとだけ、ということで遊ばせることにした。
広々していて、遊具が充実していて、ユウナは幼稚園の園庭が大好きなのです。
しかーーーし、毎度のことながら、すぐに帰れるわけがない、わが娘。
どのくらい時間が経っただろうか。
とにかく気づくと、最後の3人になってしまっていた。
今日はじめて遊ぶお友達でした。
ユウナは疲れてきてて、変なハイテンションになってるけど何だかとても楽しそう。
新しい制服は早速汚れるし、その女子3人を駐車場まで連れていくのも一苦労だった。
遊んでると楽しくなっちゃって「帰りたくない」という気持ちが強すぎるのが、
ユウナの困ったところなのだ。
これまで、その理由で何度私が爆発したことか!!!!!
どこに行っても、常に一番最後。
サヨウナラが苦手なのは、悪いばかりではないとは思うけど。

それでも、今日楽しく遊べたおかげで幼稚園のイメージはますますUPしたみたい。
月曜からバス通園が始まって、早速おにぎり持参になるんだけど、
何とか頑張ってくれたらいいな、と期待が持てました。
悲しくなることもあるだろうけど、少しずつ、乗り越えていくんだろうな。
(・・・ちょっと他人事でしょうか??)

    ---出発前、自宅にて---
20100409090840.jpg
「これがないと困る」もの 
この間、5年半使ったエアポットが壊れてしまった。
お湯を使おうと思って何度も押すんだけど、お湯が出てこない。。。
中をあけると・・・栓が劣化してボロボロになり、折れてしまっていた。
このボロボロのカスを子供達の体にも入れてしまったかも??と思うと、かなりショック。
考えれば考えるほど、気持ちが悪い。

朝お湯を沸かしてポットに入れ、昼食の支度をしたりお茶を飲んだり。
夕飯の支度の頃に少なくなってくるのでまた沸かしてポットに入れて、夜にまたお茶を飲む。
だいたい毎日そんな使い方をしている。
さて、次はどんなものを購入しようかと非常に悩んだ。。。
まずはティファールなどの電気ケトルも検討。
他のメーカーですごく見栄えが良く、かっこいいのをネットで発見!!
しかし、、、夫にも相談して色々考えてみたが、やはり私のライフスタイルには電気ケトルは合わないと気づく。
かと言って、電気ポットが必要なほど頻繁にお茶を飲むわけでもないので、電気代がもったいない。
来客があった時にはそれなりの容量のあるポットがないと不便。

結局、今までと同じタイプがいいんじゃないかーということで落ち着いた。
しかし・・・エアポットはどうしても場所をとるし、また栓が劣化することを思うとどうも気が進まず。。。
私としては見た目も結構重要視しているわけで。

そして最終的に落ち着いたのがこちら↓↓
10005377.jpg
ステンレス卓上ポットの1.9L。
実物の方がもう少しすっきりな感じ。軽くて料理にも使いやすい。
ステンレスだけど、今までの魔法瓶と比べても冷める感じもない。
ネットで買ったのでどんなものが届くか不安だったけど、なかなか良いお買い物ができましたー。
一歳半男子 
今日から4月。
入園まであともう1週間。
ユウナ(&お友達)との時間も残りわずか、ということでラストスパートかけて遊んでます♪
笑ったり、怒ったり、相変わらず忙しい。。。

あんまりここに登場しないわが息子・・・タクミは1歳半になりました!
子供の成長は本当に早いものだと思う。
第二子となると、ここまで来るのがさらに早かったし、
あまり手をかけずに成長しちゃった感じもしなくはない。

最近のタクミ。
私の周りではタクミと言えば何といっても・・・「大食い」で有名!
お姉ちゃんよりも、お姉ちゃんのお友達の男の子よりも食べる食べる。
ご飯、パンの主食、肉、魚はもちろん、野菜もモリモリ食べる食べる。
食いしん坊ゆえに、コップ、スプーン・フォークも使いこなせる。
食べている時の彼はとても幸せそうで、食事中にぐずること、眠ることはまずあり得ない。
不得意な食べ物は、思いつくところでトマトくらいじゃないかと。。。
この食欲のおかげで身長83センチ、体重12キロと体格だけは(?)ビッグに育ってくれています!!

遊びは・・・何が好きなんだろうか?
親なのに、正直まだよく分からない。。。
男の子だからといって電車や車を特に好んでいるとも思えないし。
それよりもむしろ、ミッフィーちゃんのぬいぐるみの方が好きそう!
近頃はお姉ちゃんのマネばかりして、二人で楽しそうにしている事も多い。
(母としてはとても助かる!)
お外で遊ぶのは好きで、砂遊び、滑り台、三輪車、何をしても大喜びで夢中で遊びます。
お風呂のお湯で真剣に遊んでいるところをみると、夏は水遊びにはまりそうな予感!

母にはかわいそうだと言われたのだけど、、、私は影で彼のことを「小姑」と呼ぶ(笑)
とにかく、いちいち、細かいのです!!
よく言えば、1歳なのに異常なほどきちんとしている。
まだお話ができないので指さしながら「んーんーー」と言うばかりなのだけど、
これをあそこに片付けてー、ドアを閉めてー、電気を消してー、つけてー、
出かけるから上着着せてー、などなど。
家の中のことをかなり把握してて、私に指示するのです。。。
出かける前などの忙しい時にはこちらも対応するのが大変。
笑い話にしていますけど!!!

・・・そんな面白い息子です!愛嬌もあります!
ユウナの時よりも私も気楽に、肩の力を抜いて子育てしてると思う。
二人目だからか、彼の性格が分かりやすくて育てやすいからか。
この春からはユウナの入園でタクミとの時間が増えることになる。
嬉しいような?ちょっと大変なような? 
男の子の行動は母には理解できないことが多いというので、
タクミがどんな事を言い、どんな事をやらかしてくれるのか、これからがまた楽しみです。
(噂をすれば、二階で泣いてる。)