FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メリー クリスマス☆ 
タクミの中耳炎完治に向けて、家にこもり続けております。
耳鼻科通いを続けてようやく治りかけ、そしてちょっとした風邪で再発・・・
それを何度も繰り返しながら2ヶ月半が経過。
インフルエンザの予防接種も進まない状況で、小児科の先生から「外出禁止」のお達しが!
幼稚園のクリスマス会、お友達との恒例クリスマス会はキャンセル。。。
病院と短時間の買い物以外は3人でのんびりしてます。
のんびり…と言ってもそれはそれできつい時もあって、私もなぜだか疲れが抜けない。
ここまでやってきたのだから、何が何でも年内には完治したい!と風邪っぴき対策に徹底しながら過ごしてます。

少し早いけど、昨日12月20日におうちクリスマスやりました。
楽しい行事に参加させてあげられなかったお詫びとして、ユウナの希望でケーキを作りました!
私には慣れないスイーツ作り。。。
スポンジを成功させる自信はなかったので、「簡単にレンジでできる」レシピを発見したのでやってみた。
しかーし・・・ちょっと硬い?どうやら時間が長すぎたようだ。。。
無理して食べなくてもいいよーと皆に言ってみたものの、意外と4人でペロリ。
あっという間に平らげてしまった!
画像 017 3歳のパティシエ。真剣です!ケーキ作りをしたかっただけのことはある。

続きまして、ディナー。
毎年恒例となってローストチキン。
鶏もも肉を2本分焼いたんだけど、こちらも4人でペロリ。
ユウナもよく食べたけど、タクミは骨までかじってて、取り上げようとしたら泣いて怒ってた!
母としては喜んでくれて嬉しい限り。
画像 022
それから、ホタテのカルパッチョ風なサラダとコーンスープ。
久々に赤ワインをあけましたー。
子供がいるとゆっくりは飲めないけど、幸せだったなぁ。
「メリークリスマス☆」とユウナが元気な声で乾杯できたのがまた新鮮でよかったー!
画像 023 
サラダには初めてアイスプラント(雫菜)を入れてみた。
雫のようなプチプチがついた見た目もきれいだし、触感もグー。なんとなく塩味もある。
都会のスーパーでは高級なんだろうけど、私が買ったのは近くの産直なのでお手ごろ価格!
産直は新鮮だし安いし、お気に入りでよく通ってます。

クリスマスといえば、プレゼント!!
子供は、サンタさんが本当に来るのか、どんなプレゼントを持ってきてくれるのか楽しみにしている。
親は、子供がどんな反応をしてくれるのか、これまた楽しみ♪
今年のプレゼントは・・・
41PtkuFyDBL__SL500_AA240_.jpgユウナには大好きなアンパンマンの本!これを読んで極めておくれ。
img55965914.jpgタクミにはボーリングセット。お姉ちゃんと仲良く遊んでくれるかな。
スポンサーサイト
トラのバターのパンケーキ 
「トラのバターのパンケーキ」という絵本。
先日、図書館でようやく出会うことができました。
この本は子供の頃に読んだあの、「ちびくろサンボ」の改作。
男の子の名前はサンボではなく、ババジくんになっていたり、
挿絵がアフリカ系黒人ではなく、インド系になってはいるものの、内容は「ちびくろサンボ」と同じ。
トラが木のまわりをぐるぐるまわっていたら、なぜか黄色いバターになっちゃった。
家に帰ってお母さんがパンケーキを焼いてくれて、家族3人たらふく食べた。
というあの絵本が忘れられず、わが子に読んであげたいと思っていたのです!

人種差別の問題があるとして、日本でも1989年に一斉絶版。
このニュースは覚えている。
これほど印象に残る楽しい絵本がなぜ?と非常に残念に思ったから。
その後、1999年に復刊されていたようです。
現在は当時と同じ「ちびくろサンボ」としても出版されているようですが、
私が行っている市立図書館ではまだ見かけていません。

2週に一度、市立図書館に行き、絵本を10冊借りてくるのが我が家の定例になってます。
今年の2月頃からなので、意外と長く続いてます。
恥ずかしながら・・・何しろ、私は細かい活字が得意ではない。
常に身近にある新聞、その中で興味のある記事をちょっと読む程度。
これではいけないと思いながら、どんどん、どんどん、どんどん歳をとっている。
(ちなみに夫は読書が趣味であり、新聞がなくては絶対に生きていけない人だ)
子供たちには私みたいにはなってもらいたくはない。。。
親ができないことを子供に求めるのは良くないと重々承知で(笑)
まずは絵本に親しむことで多くの世界の触れ、想像力を培ってほしい。継続は力なり!

夜8時。子供と絵本を1冊読み、それからベッドに入る。
これはなかなかいい習慣かなと思ってます。
たとえその日に子供が泣き喚いたり、私がひどく怒って情けなくなったりしても、
寝る前に1冊読む時間が不思議なくらいに穏やかなのです。
今夜の本は「ないた」。(中川ひろたか/作 長新太/絵)でしたー。
入園に向けて! 
今日はユウナが入園予定の幼稚園に行ってきました。
「先生と遊ぼう!」という企画で、体験保育というのかな。
園児が使っている教室にて、先生と歌ったり体操したり、紙芝居読んでくれたりしました。
本日のメインは新聞遊び。
新聞紙をテープでつなげて大きくし、新聞の端をみんなで持ち、子どもが中に入ったり、
びりびり破いたり、最後はみんなでお片付け。
楽しいこと好きのユウナも人一倍はしゃぎ、お友達と一緒に手をつないで笑ってました!

幼稚園のことは以前ブログにも書いたけど、10月1日に無事に願書を提出してきました。
そこに至るまでにかなり悩みましたが・・・
仲良くしてもらっている友達と一緒の幼稚園にするか、知り合いが誰もいない幼稚園にするか。
私には決断を下せなくて、最終的には夫とユウナに決めてもらいました。
入園する幼稚園は後者の、知り合いゼロの幼稚園。
どちらかというと のびのび系 でしょうか。
1学年2クラスずつなので規模は小さい方なんだけど、園庭が広く、大型遊具も魅力的!
大きく力強く育った木に温かみを感じました。
園舎は古いものの大切に使っている印象。
卒業制作として壁に楽しい絵が描いてあったり、二階から園庭に滑り台で下りられるようになってたり。
各教室にアップライトのピアノがおいてあるのも、今では珍しいんじゃないかと。
保護者のお手伝いは多いらしいが、さまざまな行事を子どもと一緒に楽しめる。
お弁当週2回、給食2回。水曜は午前中。
ただし、1学期は年少さんは毎日お弁当。これまたちょっと珍しい。
ちょっとお勉強はやるのかな。だけど体を動かすことに力を入れているらしい。
小学校に入った時に体育には困らない、とか。
マラソン大会、なわとび大会。登山遠足。
もちろん、先生方の雰囲気が良かったのと、子どもが楽しそうにしていたのも好印象でした。
それから、園の説明資料にあった「ともに感動を味わいましょう」などの熱いメッセージに心を打たれたのも確か。
(こういった文面に弱い私・・・)

10月に願書受付してからは月に2回は園に顔を出せるようになっています。
未就園クラス、面談、体験保育。
ユウナもはじめは表情がかたかったけど、最近はだいぶ慣れてきました。
最近はお友達にも近づくようになってきて一安心。
春までにはもっと心の準備が出来るんじゃないかと期待しています!
問題は・・・わたし。
友達がいないことがプレッシャーになっていて、幼稚園に行く前は毎回のように腹痛、
帰ってからは変な疲労感。
気にしなきゃいいんだけど、ついつい。私の悪いくせだ。

これまでの友達と園生活を一緒に送れないの寂しいことではあるけど、
彼女たちとはいわゆる「ママ友」をとっくに超えているわけで、
園が離れて疎遠になることはまずないという自信は十分にある!!!
これからも一緒に遊んだり、相談にのってもらったり、(愚痴を聞いてもらったり)と頼りにしています。

幼稚園の入園準備といえば、手作りグッズ。
2月末の説明会まで詳細が分からないみたいので、製作にとりかかることはできないんだけど、
少しずつ考えておかなければ。
ということでそろそろ本や生地を選び始めようかと思っていたんだけど、
こちらのキットを見つけたので決めてしまおうかと!
re09dec909-1.jpg
やや地味かなと思ったんだけど、ユウナに見せたら喜んでくれたし、
あとは既成のワッペンがアップリケなどを付けてちょっとだけアレンジしたらいいかな。
こちら、いつもお世話になっているCHECK&STRIPEの予約販売ですが!

それから・・・
春からちょこっとパートで働こうかと検討してました。
少しでも育児から開放されて自分の時間ができるわけだし、
保育園の一時保育に預けるのも本人にとっては悪くないかもしれない。
それに、せっかくのチャンスなのに断ってはもったいない!
しかし、、、悩んだ末に断念した。
ちょうどユウナの入園と重なることもあるけど、ボクちゃんの夜泣きや頻繁な通院、甘えん坊な性格を考えると
しばらくは一緒に過ごす方がいいのかなと。
少なくともあと数年は専業主婦続けることにしました。
子どもと一緒にいられるのは限られた今だけだもんね。
ましてや男の子は、こんなストレートに母を慕ってくれるのは小さいうちだけ。
(大きくなってもベッタリだったら逆に困る・・・)

春からの新生活。
まだあまり想像がつかないけど、ワクワクしています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。